読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うりおの日記

青年海外協力隊27年度2次隊としてモザンビークのビランクーロという町にいます。職種はコミュニティ開発です。

モザン生活76日目 活動について 何をするのか

モザンビークの日々

そもそもモザンビークで何をするのか書いていなかった農業省管轄のビランクーロ郡経済活動事務所というところの配属になる。農業、漁業、畜産業、観光業、その他商業活動を管轄する事務所だ。

主な活動は農業の新技術を普及することにあるみたいだ。普及員(Extensionista)と呼ばれる人たちが村を巡回して農民に知識、農業資材、種etcを広めている。

私もポジションとしては普及員になる。

配属先かJICAかどちらが作成したか不明だが現在提示されている活動の切り口として、

・近代養蜂技術の普及

・モリンガ(という栄養価の高い果樹)の普及

・ネリカ米(という乾燥に強い米の品種)の普及

・漁業

・観光業

が挙げられている。基本的には自分でネタを見つけてやってよねという感じだ(もちろん配属先と話しをしながら)。

ちなみに私はビランクーロへの三代目の派遣者だ。まずは前任の活動の確認作業から始めたい。始めたいのだがまだ自分の交通手段がない(JICAの規定によりバイクが利用できるのは来年1月末頃から)。同僚が出張する際に車に乗っけてもらうようにお願いする毎日だ。

写真はカジュー(カシューナッツ)の苗木を農民グループに届けたときのもの。大雨で道がぬかるみ動けなくなってしまった。全員でタイヤを掘り出したり車を押したり引いたり。約2時間格闘した。

あせっても意味がないことを身体で理解してきた。

 

f:id:uriouriourio:20151220234410j:plain

f:id:uriouriourio:20151220234411j:plain

f:id:uriouriourio:20151220234412j:plain